MENU

タウリンってよく聞くけど、どういうものなの?

 

サプリメントなどによく
含まれている成分「タウリン」について
詳しくまとめてみました。

 

○タウリン
タウリンとは、
貝類(牡蠣、イカ、タコ)や、魚介類などに
おおく含まれている成分です。
このタウリンは、
体の約0.1パーセントの質量をしめています。
また、心臓にたくさん含有しており
さまざまな働きをします。
心臓だけでなく、中枢神経系にも豊富にたくわえられています。

 

なので、タウリンが不足すると、
体のいろいろな機能が弱まってしまうのです。
例えば、
肝機能の低下、心臓病、脳卒中、動脈硬化などの
リスクが高まってしまうのです。
そして、目の網膜を守っているのもタウリンで、
タウリンが不足すると目の障害がおきたりします。

 

○タウリンの働きやこうかは?
▼タウリンは肝臓機能を高める
タウリンは、肝臓機能の働きも助けてくれます。
例えば、
お酒を飲むと、アルコールは
肝臓で分解されアセトアルデヒドという
有害物質がうまれます。
そして、酵素の成分によって
無害な物質へとかえられますが、
過剰にアルコールを摂取してしまうと
この作業が、肝臓にとって負担となってくるのです。
しかし、そこにタウリンの成分がいくと
酵素の働きをより高めてくれる効果があります。
すると、アルコールの分解がスムーズにできるようになり、
肝臓の負担が減っていくのです。

 

▼タウリン 脂肪肝との関係
今現在、脂肪肝の患者は増えていっています。
この脂肪肝とは、
肝臓中に中性脂肪がたまりすぎた、
肝臓の肥満症といわれています。

 

そこで、活躍してくれるのがタウリンなんです。
タウリンは、肝臓中に蓄えられすぎた中性脂肪を
体の外へと排出してくれる効果があり、
脂肪肝の改善の効果があるんです。

 

○タウリンをとるには
タウリンを豊富に含んでいる食べ物と言えば、
たこ、いかなどの魚介類や、
牡蠣、しじみ、ホタテなどの貝類
などがあります。

 

しかし、タウリンは効果を出すために
おおよそ3000rほどのタウリンの摂取が必要になってきます。

 

その大量なタウリンを、
毎日摂取しようとすると、
材料費もおおくかかり、毎日食べるのも大変になってきます。
また、毎日魚介類だけを食べるわけにはいけませんよね。

 

そこで、お勧めするのが
サプリメントなんです。

 

現在、タウリンを豊富に含んだ
サプリメントはたくさん発売されています。

 

なによりサプリメントをお勧めする理由として
手軽に毎日続けられることと、
お手ごろ価格だからです。

 

サプリメントじゃなく、食べものでおぎなおうとすると
手間も、お金もかかってきますが、
サプリメントによってその問題もすぐに解決できちゃいます。

関連ページ

サプリメントのデメリットはあるの?
こちらでは怖い病気「肝嚢胞」の症状や、自分でできる治し方など、なかなか知名度が低い肝嚢胞をどう治したら良いのかについて詳細をご紹介しているサイトです。