MENU

実は知っているようで知らない胆汁の大きな役割

胆汁は、さまざまな体の役割をはたしますが、
何らかの原因で、胆汁うっ滞という状態になってしまうと、
ビリルビンの数値が上がってしまう原因となるのです。
この、胆汁、胆汁うっ滞について詳しく説明していきます。

 

【胆汁】
胆汁は一日に約500から800mlあたりの量を肝臓から分泌されます。
はじめは、薄黄色の色をしていますが、胆嚢の中で濃縮され黒っぽい色になっていきます。
そして、胆汁は90%は水分で構成され、胆汁酸、ビリルリン、コレステロールを
含んでいます。
また、胆汁には消化酵素はないですが、膵液と十二指腸で合成することで、
膵液が持つ消化酵素を胆汁が高めてくれます。
そして、脂肪、たんぱく質などの成分を
腸から吸収しやすいように分解してくれます。
また、脂肪は分解される時に、吸収されにくい脂肪酸ができます。
ですが、この脂肪酸も吸収しやすいものに変えてくれる機能もあります。
胆汁は腸から吸収されたあと、肝臓に戻って、もう一度胆汁となります。
これを、腸肝循環といいます。

 

【胆汁が減少?胆汁うっ滞】
胆汁は、肝細胞でつくられたあと、
胆道などをとおり十二指腸へ行きます。
ですが、この通り道のどこかで胆汁の流れを妨げられている状態を
胆汁うっ滞と呼んでいます。
そうなると、胆汁があふれ出し、血液中に漏れてしまうのです。

 

○胆汁うっ滞の原因とは?
では、胆汁うっ滞になってしまう原因とはなんなのでしょう。
実は、胆汁うっ滞になる原因として、二種類の原因があります。
まず、肝臓の中に原因がある場合。
二つ目は、肝臓の中以外に原因がある場合の二種類があげられます。
一つ目の、肝臓の中に原因がある場合は、次のような肝臓の病気が考えられます。
「肝炎、原発性胆汁性肝硬変、薬物性肝障害」
などが、考えられます。
二つ目の、肝臓の中以外に原因がある場合は、次のような肝臓の病気が考えられます。
「胆管内に結石、胆管狭窄、膵がん、膵炎、胆管がん」
などが、考えられます。

 

○胆汁うっ滞が原因 ビリルビンが上がる?
上記のことが、原因で胆汁うっ滞になってしまうと、
血液中に胆汁中の直接型ビリルビンがあふれ出してしまいます。
この結果、ビリルビンの数値が上がってしまう原因となるんです。

 

○症状など
主な症状は、
「黄疸、尿の色が濃い、便のうすい色、全身の痒み」
これらの症状は、胆汁うっ滞に特徴的です。
ビリルビンが血液中に過剰に漏れ出すことによって、
このような症状がでてきます。